中小企業基盤整備機構(略称:中小機構)では、自動車産業における「100年に一度」と言われる大変革期のなかで、将来を見据え「攻めの業態転換・事業再構築」にチャレンジする中堅・中小自動車部品サプライヤーをサポートするため、国から「自動車部品サプライヤー事業転換支援事業(全国支援拠点運営事業)」を受託し、本年8月より事業を開始しています。
その一環として、サプライヤーの経営者層や技術者等に向け、オンラインセミナー・実地研修を開催いたしますので、是非ご参加ください。

自動車業界の環境変化への対応を考えるオンラインセミナー

脱炭素・電動化・モビリティ革命など、自動車業界を取り巻く環境の変化やその対応策等について解説します。

セミナー概要

対象者
  • 主に、中堅・中小自動車部品サプライヤーの経営者層
講演時間
  • 各回2時間(第1回のみ2時間15分)
  • 各回の講演終了後、中小機構から支援施策の紹介(5分程度)があります。
受講方法
  • Zoomウェビナーによるライブ配信
  • YouTubeによるアーカイブ配信受講(公開期間:終了後1ヶ月程度予定)
  • 開催日、配信方法ごとに、別々にお申込みください。
受講定員
  • 各回300人程度(ライブ配信)
参加費
  • 無料

第1回 テーマ:脱炭素と自動車産業 

日時:令和4年11月29日(火曜) 14:00~16:15

「自動車産業における事業環境変化と政策の方向性」

概要

    脱炭素化や電動化など、自動車産業において起きている潮流と国が進めようとしている政策の方向性についてご説明します。

講師

大崎 友和 氏 (経済産業省 製造産業局 自動車課 課長補佐)

「脱炭素化時代の自動車産業とサプライヤーのチャレンジ ~ 一歩踏み出せるかが勝負の分かれ目 ~」

概要

世界的な脱炭素に向けた動きを背景として、大手自動車メーカーは電動化や燃料グリーン化の検討を急ピッチで進めています。中小部品サプライヤーが、そうしたメーカーの動向にどう追随すべきか、優良な先行事例をもとに取組みポイントを解説するとともに、脱炭素化時代に乗り遅れないための視座についてご提示します。

講師

高橋 和彦 氏 (脱炭素産学協創コンサルティング代表)

    プロフィール
    1980年 トヨタ自動車㈱入社
    20年間ものづくり技術の先行開発を行う部署で材料、熱処理、焼結部品開発に従事
    実用化した焼結材料技術で社会人ドクターを取得、工学博士(1995年)
    2000年 燃料電池開発部署に異動
    20年間燃料電池の開発企画と先端研究に従事
    2021年 トヨタ自動車を退職
    脱炭素産学協創コンサルティングを創業
    東京大学生産技術研究所リサーチフェロー
    NPO法人テクノプロス正会員

受講申込

第1回 アーカイブ配信申込

(申込締切:令和4年12月23日(金曜)まで)

(配信期限:令和4年12月26日(月曜)まで)

第2回 テーマ:電動化と部品サプライヤー

日時:令和4年12月8日(木曜) 14:00~16:00

「電動化による自動車産業の動態変化とサプライヤーにおける対応の視点」

概要

自動車は電動化によって構成部品や必要とされる技術が大きく変わろうとしています。また、車社会からモビリティ社会へ、或いは、製造業からサービス業へ、といったパラダイム転換も起きようとしています。自動車産業における様々な変化の解説と、中小部品サプライヤーがどうやって乗り切るのか、取り組む際の大切な視点についてお話しします。

講師

原田 弘司 氏 (NPO法人テクノプロス)

    プロフィール
    1980年 トヨタ自動車㈱入社
    焼結、表面処理技術を用いた自動車用新規部品の開発
    内製ユニット・部品工場にて工場管理に従事
    (生産技術・製造・安全・品質・原価管理、TPS改善等)
    中国ユニット製造事業体 総経理
    2016年 (株)ファインシンター転籍 執行役員
    製品・材料開発、生産・製造管理
    2021年
    NPO法人テクノプロス正会員

受講申込

第2回 ライブ配信 申込終了

(申込締切:令和4年12月5日(月曜)まで)

第2回 アーカイブ配信申込

(申込締切:令和5年1月11日(水曜)まで)

(配信期限:令和5年1月12日(木曜)まで)

第3回 テーマ:デジタル・モビリティ

日時:令和5年1月17日(火曜) 14:00~16:00

「電動化新時代!~デジタル・モビリティ時代の生き残り策とは~」

概要

世界の自動車産業は、BEVやPHEVの開発競争等によって活発な動きを見せるほか、米国におけるステアリングのない自動運転車の登場など、これまでにない時代が到来しようとしています。
このように環境が激変する中、自動車産業に携わる方々はどのような視点が大切なのか。新世代電気自動車i-MiEV(アイ・ミーブ)の開発責任者としての経験などをもとに、e-Mobilityの現状や将来像を示しながら、来るべきデジタル・モビリティ時代の生き残り策のヒントについてご紹介します。

講師

和田 憲一郎 氏(株式会社 日本電動化研究所 代表取締役)

    プロフィール
    日本初のe-mobilityコンサルタント
    三菱自動車に入社後、2005年から新世代電気自動車「i-MiEV(アイ・ミーブ)」プロジェクトマネージャーなどを歴任。発売後は本社にて急速充電に関する協議会であるCHAdeMO協議会にも参画し、EV充電インフラを牽引。
    その後、株式会社 日本電動化研究所を設立し、現職。
    国内外の企業のコンサルティングを行うとともに、新聞・メディアに数多くコラムを寄稿しており、SankeiBiz「モビリティー新時代」、メルクマール「和田憲一郎のモビリティ千思万考 」、MONOist「和田憲一郎の電動化新時代!」などを連載中。
    「一般社団法人 自動車100年塾」代表理事も務める。
    著書に『成功する新商品開発プロジェクトのすすめ方』(同文舘出版)がある。

受講申込

第3回 ライブ配信申込   

第3回 アーカイブ配信申込

注意事項

  • お申し込みは、このページのWebフォームでのみ受け付けています。電話、FAXでの受け付けはありません。
  • 1つのメールアドレスで複数人のお申し込みはできません。必ず受講者1人ごとに共用ではないメールアドレスをご用意ください。
  • 申し込み後、受講受け付け済のメールが届きます。メールが届かない場合は、事務局までご連絡ください。
  • ライブ配信は、Zoomウェビナーを利用します。受講までにZoomの利用環境をご確認ください。
  • アーカイブ配信は、Youtubeを利用します。限定公開のため、ご自身の公開再生リストへの登録はご遠慮ください。
  • Zoom、YouTubeの動画視聴に関わる技術サポートは提供しません。

次世代自動車の構造や開発技術等について学ぶ実地研修

BEV(バッテリー式電気自動車)等の構造や機能と各メーカーの技術情報を解説するとともに、新たな技術情報なども紹介します。

実地研修概要(全会場共通)

対象者
  • 主に、中堅・中小自動車部品サプライヤーの技術者、実務担当者
講義時間
  • 各回3時間15分
  • 各回の講義終了後、中小機構から支援施策の紹介(5分程度)があります。
受講方法
  • 全国7カ所の研修会場での受講 (注)各回の講義内容はすべて同じです。
  • Zoomウェビナーによるライブ配信受講(東京会場、大阪会場の2回予定)
受講定員
  • 会場受講 各回30名程度
  • ライブ配信受講 各回100名程度
参加費
  • 無料

テーマ:BEVの内部構造と技術開発動向等の解説

概要

中小部品サプライヤーが電動車の部品開発に挑戦するには、その構造や機能、技術情報等について知ることが不可欠です。
本研修では、複数のBEV(バッテリー式電気自動車)の内部構造や関連技術等について、数多くの画像を用いて詳しく解説します。
自社の得意技術の活用等を検討するうえでのヒントとして、或いは、新たなものづくり技術や製造工程の開発、次世代自動車に求められる機能部品の開発や提案等に活かしていただくことを狙いとしています。

講師

飛田 宏 氏(株式会社三幸コーポレーション 次世代自動車戦略研究所 技監)

    プロフィール
    1961年4月 トヨタ自動車株式会社入社
    新車開発業務に従事
    1998年4月 基幹職3級(課長)昇格
    1999年11月 静岡県優秀技能者表彰(静岡県知事公労表彰)受賞
    2003年1月 株式会社サンコーテクノネットへ出向
    新車開発業務に従事
    2006年1月 株式会社サンコーテクノネット 技監に就任
    各地での次世代自動車(EV・HV)の分解・解説講師業務に従事
    2021年4月 社名を株式会社サンコーテクノネットから株式会社三幸コーポレーションに変更
    業務を継続して従事

スケジュール・会場・申込

(各会場の受講申込は、開催日の1か月前を目処に開始します。)

令和4年11月22日(火曜) 13:30~16:45
 金沢会場

終了しました

(申込締切:令和4年11月21日(月曜)18:00まで)

会場

石川県地場産業振興センター(新館第10研修室)

〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 (地図)

開場時間

13:15

令和4年12月15日(木曜) 13:30~16:45
 北海道会場

会場受講申込

(申込締切:令和4年12月12日(月曜))

会場

北海道建設会館(大会議室)

〒060-0004 札幌市中央区北4条西3-1 (地図)

開場時間

13:15

令和5年1月12日(木曜) 13:30~16:45
 大阪会場

会場

エル・おおさか(南734)

〒540-0031 大阪府大阪市中央区北浜東3-14 (地図)

開場時間

13:15

令和5年1月19日(木曜) 13:30~16:45
 高松会場

会場受講申込

会場

サンイレブン・高松(3F 会議室)

〒760-0067 香川県高松市松福町2丁目15-24 (地図)

開場時間

13:15

令和5年1月26日(木曜) 14:00~17:15
 仙台会場

会場受講申込

会場

戦災復興記念館(展示ホール)

〒980-0804 仙台市青葉区大町2-1 (地図)

開場時間

13:45

令和5年2月2日(木曜) 13:30~16:45
 東京会場

会場

大田区産業プラザPiO D会議室

〒144-0035 東京都大田区南蒲田一丁目20番20号 (地図)

開場時間

13:15

令和5年2月9日(木曜) 13:30~16:45
 米子会場

会場受講申込

会場

米子コンベンションセンター(5F 会議室)

〒683-0043 鳥取県米子市末広町294 (地図)

開場時間

13:15

注意事項

  • 受講申込は、このページのWebフォームでのみ受け付けています。電話、FAXでの受け付けはありません。
  • 1つのメールアドレスで複数人のお申し込みはできません。必ず受講者1人ごとに共用ではないメールアドレスをご用意ください。
  • 申し込み後、受講受け付け済のメールが届きます。メールが届かない場合は、事務局までご連絡ください。
  • 会場受講をキャンセルする場合は、メールにて事務局までご連絡ください。
  • 申し込み多数の場合は、ライブ配信での受講をご案内する場合があります。
  • 会場受講の際には、マスク着用、入場時の検温、手指のアルコール消毒での入場に、ご協力をお願いします。(開催時点の国や都道府県での感染症対応方針に応じて、ご協力をお願いする範囲は、変わる可能性があります)
  • ライブ配信は、Zoomウェビナーを利用します。受講までにZoomの利用環境をご確認ください。

関連リンク

中小機構以外の機関が開催するセミナー・研修等の情報は、以下のページの新着情報をご確認ください。

経済産業省ウェブサイト:自動車産業「ミカタプロジェクト」のページ

お問い合わせ

自動車部品サプライヤーセミナー等運営事務局
株式会社リベルタス・コンサルティング内
Tel: 03-6262-1493
Email:amps_seminar@libertas.co.jp